切手を通して見る宇宙開発史
膨大な数の宇宙切手に圧巻!美しいデザインに感激!

世界各国の宇宙切手700点以上をパッケージとして、展示用に貸し出します。切手の美しいデザインだけでも十分に楽しむことができますが、宇宙・宇宙開発への理解を深めてもらえるよう、切手ごとに専門家による解説を添えました。

宇宙切手展とあわせて、宇宙・宇宙開発の講演やトークショーなどのテーマの立案、登壇者の選定など企画や運営までサポートいたします。お気軽にご相談ください。

※宇宙切手展は、阪本成一先生(国立天文台)と辻野照久さん(元宇宙航空研究開発機構)より無償で切手をお借りしています。解説についても全面的にご協力いただいています。

推奨スペース 約60㎡以上の屋内スペース
展示物 切手展示用パネル(A0サイズ)8~10枚他
展示期間 約2週間~1か月
対象 小学生以上 ※解説は大人向けとなります。
準備期間 展示開始の4か月前までにご連絡ください。

事例

・国分寺市「宇宙へのあこがれ展」(2019年)

その他、宇宙の切手展
岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 特別企画展「宇宙開発のはじまり」(2020年)
・バンドー神戸青少年科学館「宇宙への挑戦」(2015年)

最新実績

  1. noimage
  2. noimage

最新ブログ

  1. 宇宙でマスク

    2021.07.28

    宇宙でマスク
  2. 朗読『広島空港の奇妙な恐竜』
  3. オカバンゴ・デルタ