小学校科学教室 サイエンスショー

「小学校科学教室 サイエンスショー」は、中央区科学教室の初回に開催されています。毎年定員を超えるご応募をいただき、抽選の末約100名の区立小学校に通う5年生児童に参加していただいています。

サイエンスショーは、科学を理解するために実験を用い、子供たちが「なぜ」を考え、自ら「発見」する場です。講師の山田ふしぎさんによる楽しい実験と巧みなお話で、参加児童は集中が途切れることなく最後まで楽しみながら学習しています。

■今までに行った内容の一例
・宇宙で宇宙服はなぜ必要なの?
・無重力や真空の世界ではどんな事が起こるのかな?
・ロケットの飛ぶエネルギーを体験しよう!

当財団は、平成20年より継続して、企画立案から講師との調整、当日の実施まで、トータルで開催支援をさせていただいております。
実験を通して、理科の楽しさを体感し科学に興味を持っていただけるように、創意工夫に努めております。
令和2年度は、新型コロナウィルスの影響のため、三密を避けるためにやむを得ず人数を絞り、50名に参加していただきました。

会  場:中央区立 教育センター(東京都)
対  象:区立小学校の5年生児童
主  催:中央区教育委員会(東京都)