「はやぶさ2」地球帰還 応援準備のススメ

リエントリ―カプセル放出

イラスト:リエントリーカプセル放出(©池下章裕)

リュウグウでの2度のタッチダウン、人工クレーターの形成など、世界初となるミッションを次々に成功させた小惑星探査機「はやぶさ2」が12月6日未明(日本時間)に地球に帰還します。(正しくは、12月6日午前2時28分ごろにリュウグウのサンプルが採取されているであろうカプセルが大気圏投入予定。午前2時47分ごろにカプセル着地予定。(すべて日本時間))その感動をより深く味わうために、そして、カプセルの地球帰還成功の願いを込めて、「はやぶさ2」地球帰還の応援準備をしましょう。

おさらいのススメ

まずは、これまでのミッションをおさらいしましょう。「はやぶさ2」のことなら、「はやぶさ2」プロジェクトが情報発信する“JAXAはやぶさ2プロジェクト”が鉄板です。ミッションの意義や「はやぶさ2」の目指す科学(サイエンス)について解説されています。プロジェクトメンバーが執筆する”こちはや出発編・帰還編”や「はやぶさ2」の運用状況がリアルタイムでわかる“Haya2NOW”など、プロジェクトならではの情報が満載です。難しいのはちょっと苦手という方にオススメなのが、「はやぶさ2」プロジェクト監修の”こちはや漫画版”です。まじめに描かれているものの、登場人物の先生方のお名前もユニークでクスッと笑えるところも満載です。私も個人的に大ファンで続編が楽しみです。

地球帰還 応援準備のススメ

いよいよ、地球帰還の応援準備を始めます。実際の「はやぶさ2」の様子を見ることは叶わないので、地球帰還CGを見て事前にイメージを掴んでおきます。文字で読むより、映像は直感的に理解しやすいのでオススメです。2分54秒の動画です。

こちらは、「はやぶさ2」プロジェクトマネージャーの津田先生が地球帰還のハイライト(再突入カプセルの分離、探査機本体が地球大気圏投入軌道から外れるタイミング、カプセルの着陸など)を解説した7分37秒の動画です。オススメです!

そして、はまぎんこども宇宙科学館の館長である的川先生のコラム”「はやぶさ2」カプセルの回収(その1)”と続編”カプセルの回収(その2)ーオーストラリアの砂漠でカプセル回収準備が本格化”も要チェックです。

実況ライブのススメ

続いて、本番時の準備に取り掛かります。Twitter@haya2_jaxaで「はやぶさ2」の今後の予定を確認すると、「カプセル分離」は12月5日午後、「カプセル大気圏投入」は12月6日未明に実施される予定であることがわかります。

大勢の人と喜びを分かち合いたいという方は、JAXAの事業所や科学館等で実施されるパブリックビューイングがオススメです。「カプセル分離」と「カプセル大気圏投入」はそれぞれ実施会場が違うので、お出かけ前に”「はやぶさ2」カプセル帰還パブリックビューイング開催状況のお知らせ”で下調べをしておきましょう。
パブリックビューイング会場の中でも、12月6日未明の「カプセル大気圏投入」のパブリックビューイングを実施される相模原市と淵野辺の皆さんには脱帽です。宇宙研の地元だけあって、「はやぶさ2」への深い愛を感じずにはいられません。

今回は自宅で応援したいという方には、”「はやぶさ2」地球帰還 ライブ配信”と”はや2プロジェクト”のTwitterを併用することをオススメします。これらのTwitterは昼夜問わずタイムリーに最新情報が投稿され、時には、プロジェクトメンバーの熱い想いやユーモアに溢れたグッとくる投稿に遭遇するというおまけ付きです。フォローをご希望の方は、ポチッとどうぞ。

 

もっともっと「はやぶさ2」

「はやぶさ2」にハマっている方にオススメするのは、2020年11月10日に発行された最新情報満載のプロマネ津田先生が執筆されたNHK出版新書「はやぶさ2 最強ミッションの真実 」です。個人的感想となりますが、大変読みやすく一気に読み進めることができました。読み終えた後には、これまで私の中でバラバラだったエピソードの数々がようやく1つに繋がったように感じました。

続いてのオススメは、お宝動画の山”「はやぶさ2」トークライブ シーズン2他”動画アーカイブスです。2020年に全国各地で開催されたトークライブや質問教室に加え、2016年のトークライブの動画などが視聴できます。伝説的ライブ配信となった”「はやぶさ」ファン必見の動画『はやぶさ』地球帰還10周年記念「はやぶさメンバーによるリレートーク」(昼・夜の部)”。ぜひご覧になっていただきたい動画の一つです。私はたまたまライブ配信で視聴しましたが、川口先生のコメントに改めて感激してしまいました。いくら時間があっても足りませんが、覚悟を決めてじっくりと取り組みましょう。

個人的な視点で足早にご紹介しましたが、今週末の「はやぶさ2」の地球帰還をともに応援し、盛り上げていければと思います。そして、この先も「はやぶさ2」の冒険が続く限り、私たちも応援しようではありませんか。

京田 綾子

関連記事

  1. 学生向けオンライン講演会

    インターネット配信やオンラインイベント企画のご提案(その2)

  2. 森林

    まじめにウンチとコミュニケーション

  3. おうちでまったり宇宙トーク#2

    インターネット配信やオンラインイベント企画のご提案

  4. 雪の結晶

    雪は天からの手紙!?